モーニングメソッドのブログ

モーニングメソッドのブログ

人生を変えるモーニングメソッド

早起きが人生を変える本


「早起きは三文の得」をもっと言うと、「早起きは3億の得」さらには「早起きは30億の得」とのことです。それだけ稼げるという「価値」が早起きにはあるのでしょう。

私はモーレツに朝に弱い人間でした。夜型で朝は毎日起きるのがしんどくてしんどくてつらすぎました。

そんな私が数々の早起き本を読んだ中で最も為になったと感じた本を

ご紹介します。

著者のハル・エルロッド

著者は、20歳の時の交通事故で一時心肺停止となり、11か所を骨折し、脳に修復不可能な損傷を受けるも必死のリハビリで再起。

その後、事業で成功しますが、リーマン・ショックで危機。

友人のアドバイスをきっかけに「モーニングメソッド」を始め、また会社を立て直します。

その後、自分がコーチングする相手に「モーニングメソッド」を勧めて次々と効果があったことから、この本を書いたそうです。

「モーニングメソッド」とは?

早速ですが、著者の言う「モーニングメソッド」とは何をするのでしょう?

それは、いつもよりも1時間早く起き、1時間で下記のことをするのです。

では、一つずつ説明しましょう。

瞑想

最初に瞑想。自分の呼吸に集中して、心を空っぽにし、ありのままの自分と向き合います。

読書

次に読書。読みたい本を10分だけ、読みます。

アファメーション

アファメーションとは、自分自身に対する肯定的な宣言のことを言います。なりたい自分についての文言を決めておき、何度も宣言します。

イメージング

イメージングとは、なりたい自分をイメージすること。コルクボードに尊敬する人や、住みたい家、旅行で訪れたい国などの写真を貼り、なりたい将来の自分をイメージします。

日記

昨日のことで感謝することを書きます。1行でもOK。

エクササイズ

ジョギングでも何でもいいのですが、身体を動かして一日の始めるためのウォームアップをします。

ショートバージョンも作っておく

続けるためのポイントを1つ。

1時間前に起きると言っても、時間がとれない日もありますし、エクササイズに気乗りがしない時もあるでしょう。そんな時に備えて、ショートバージョンも作っておきます。

5分を3分にするとか、エクササイズをもっと短くするとかです。

一番避けたいのが、挫けて出来なくなってしまうこと。ショートバージョンを作っておけば、それを選んだ日も、「出来た!」と納得出来、それが続く秘訣です。

私なりのモーニングメソッド

では、私としてのモモーニングメソッドと申しますと、少しアレンジしちゃってます。

祈念

今日もよりよい1日がすごせるよう祈念します。

イメージング

祈念と同時に行うことがほとんどです。なりたい自分をイメージしたり、紙に箇条書きで書き、それを見ながらイメージを膨らませます。

アファメーション

祈念と同時に行うことがほとんどです。「私は、輝くばかりに健康で、エネルギーに満ちあふれています。」なりたい自分についていくつかを鉛筆で1枚の紙に書き、思いついたら足したり引いたりしています。

読書

自分が好きな本を読みます。正直通勤時間です。本当はゆっくり部屋で読むべきなのです。

日記

私は、「10年日記」を使っています。沢山書く必要はないので、これで十分です。感謝の気持ちを書くと良いみたいです。見返せるのがとても良いです。これについてはお薦めの10年日記を紹介します。

1年目だけは日付を書かねばならず、やや高いと感じるかもしれませんが、10年ものでして10で割ると考えると安いですね。
行も多すぎず少なすぎずちょうど良いです。これにしてから欠かさず2年継続中。
天気のところに心の天気と称して、幸福度を10段階でチェックしてます。

エクササイズ

エクササイズは、駅までの自転車です。ジョギングやウォーキングもいいのですが、難点は「天気が良くない時に気持ちが折れること」。

あくまでもウォームアップのためですので、余計なストレスにならないようにします。

 

印象に残った語録

 

作者は、ペンを用意してどんどん書き込もう。この本にどんどん線を引いたり書き込んだりするようにと言ってます。この種の本を所有する目的は綺麗に保つことではなく最大限に価値を引き出すことにあると。私が線を引いたところを一部紹介します。

 

・すべては朝8時までの時間の過ごし方で決まる 。

 

・人生に望むことを手に入れるための人間力を身につけるお手伝いをするのがこの本だ。

 

・満足した気分でベッドに入りたいなら、毎朝血流を持って目を覚ますべきだ。

 

・平均的なアメリカ人は、1万ドルの負債がありうつ気味で自分の仕事に不満があり親友は一人以下だというのだ。

 

・この本を読むからには最高の人生理想の人生をスタートさせるためにこれからは妥協しないという覚悟を決めてほしい。

 

・あなたにできる最大の冒険は自分が夢見るような人生を送ること。

 

・幸福、健康、お金、自由、成功、愛情すべてを手に入れることは可能なのだ。

 

・全ては毎朝の目覚めから始まる。

 

・努力を継続できるだけの人間に成長することだ。

 

・シンプルに朝の目覚めを変えるだけで人生が変わる。効果は思ったよりも早く現れる。

 

・モーニングメソッドにより効果が期待されることのリスト

○ストレスが軽減する。

○金銭的な富を得て、幸運を引き寄せる能力が劇的にアップする。

○自分に見合うレベル以下でのそこそこで妥協することがなくなり理想の人生のイメージに沿った生活が始まる。

 

・1日の最初の一時間の使い方が、潜在能力をフルに発揮して望み通りのレベルの成功を手に入れるか神なのだ。

・ストレスを感じたり悩んだりした時はダイニングに行くと思考がクリアになり気持ちが高揚し解決策を思いつきやすくなる。

 

・どっちの方が良い嫌いなんだ?走るのと現場の人生と。

 

・望み通りのレベルの成功を引き寄せてにいれいじするだけの人間に成長する。

 

・最初の1時間が1日の方向を決める舵となる。

 

・最初の1時間を最大限に活用しようと力を注いだ日は勢いが最後まで持続するものだ。

 

・スケジュール表に明日の朝5時起床第1回目の自己啓発を実践すると書き込む。

 

・人生で最も重要なのは「今」だ。

モーニングメソッドの最後に

「早起きがいいことは分かっている。でも、朝が弱いから出来ない。」という人。

すごくよく分かります。

「自分の人生を変えるためには、行動を変えなければならないことは分かっている、でも何からやれば?」という人。

 

とにかく、一度やってみると、とにかく朝から気持ちがいい。そのために、「早く寝よう」という気持ちにもなります。

この本を読んで、早起きにトライしてみませんか?

 

私は10時間以上でも余裕で寝ていた自分でした。土日はほとんど1日中寝ていたりしました。でももったいし寝すぎもスッキリしません。

今は0時-6時の6時間睡眠6時起床にチャレンジしています。

本気でお薦めの1冊です!