美味しいラーメン屋はなぜ売れるか

NO IMAGE

おいしい3件のラーメン屋について書きます。

弁慶(浅草)

 

浅草の弁慶というラーメン屋に行った。

入り口に超愛嬌のあるブルドックがいたが、客のらしい。

入ると人が並んでいる。

席空いてるのに並んでるので、とりあえず僕も並ぶ。

横に券売機が。

ラーメン(650円)と大盛り(150円)を購入。

サントリー黒烏龍茶も売っている。うーむ脂多そうだからなあ。

戦略としては素晴らしい。

券を渡そうとすると「チョットまってください」

店 独特のルールでもあるのだろう

で、10秒後僕の前に並んでた人と僕の券をとりにくる。

調理人3人、ウエイター役1人。交代制なのか ここでふとっちょな人に

ウエイター交代。

いきなり、「奥の長いすでお待ちください」

ああ確かに長いすあるは。低いけど。

数分後、空いた席に案内される。

横にはギトギトの脂のついたラーメンの皿が。。。(早くかたずけろ~)

見ないように携帯をいじくってるとラーメン登場。

「でか!」思わず叫ぶおれ。

大盛りだと皿がまず違う!でかい。

食べきれるかな?

今日は三社祭という祭があったらしく、若いはかまを着た人たちがどんどん来る。

「ギトギトでお願いします。」(若者客) 

「ギターですね」(大きな店員)

「はい」(客) 吉野屋の「つゆだく」みたいな店特有のワードだ。

ギターでお願いしま~す。」店員が厨房に。

しかし、ただでさえギトギトなのにさらにギトギトがあるの?えっ

こんだけ健康ブームの世の中だっつーのに。

絶対食べたくねー。

調理人と席マネージメント人(単なるウエイターだけど)は常に忙しそうだ。たまに

けんかみたいな感じになってる。オヤジっぽい人と女性も厨房に。

汁は飲まずも、なんとか食べて外に出る。

う~ん。ギトギトしてた~www

ラーメン勝(江戸川区篠崎)

 

ラーメン屋については他にも江戸川の 「らーめん勝(かつ)」というラーメン屋がおすすめである。

一言で言って非常においしい。

私もかつて篠崎に住んでいた時、何度かラーメン屋に並んだ。30分待ち、時には1時間待つということもあった。

私はそのラーメン屋の近くに住んでいたことからそのラーメン屋を通ることが何度かあったが常に並んでいた。

ある時まだ開店前の準備をしている大将がいた。会社の朝礼でのネタを考えていた私は大将に「こんだけ並ぶ秘訣はありますかね?」と聞いてみたところ

微笑をうかべ「一生懸命やるしかないんじゃないですかね」との回答であった。

やはり一生懸命これが大事なのであろう。

店内はboseの機器から流れる音楽が心地よく、注文についても細かい注文をしたとしても

大将は全部覚えている。

江戸川京葉道路沿いの「らーめん勝」一度試していただきたい。

 

天神(とんこつ・新宿他)

個人的におすすめは天神ラーメンだ。

次の日が休みであればたっぷりニンニクを入れて食べる。

そしてもちろん、替え玉を注文。博多とんこつ系ラーメン屋は替え玉2杯まで無料等いろいろある。

うーんおいしい(ただし食後の息には注意)