障害年金とは

NO IMAGE

障害年金ってどんな制度?
障害年金は、病気やケガなどにより一定の障害の状態にあると認められた場合に支給される国の年金制度のひとつです。

国の年金制度(公的年金)というと、多くの方が老後に受け取る年金をイメージされることと思います。

障害年金は、病気やケガによって働くことに支障が生じたり、日常生活に困難がある方のうち、定められた条件を満たした方が請求することによって支給される制度です。

 

どんな病気やケガが障害年金の対象になるの?

障害年金の対象となるのは、ほぼすべての病気やケガです。

先天性の障害も含まれますし、内臓疾患・精神疾患など外見上ではわからない病気でも対象となります。

役所の窓口や医療機関などで「その病気(またはケガ)では対象にならない」と説明された経験のある方もいらっしゃるかもしれません。

傷病名により支給・不支給が決められているわけではなく、身体の状態が国の定める一定の障害状態に該当し、長期にわたる治療・療養によって仕事や日常生活に支障がある場合に受給をすることが可能になるのです。

部位別の主な対象傷病
ここに記載した対象傷病は一例です。記載されていなくても日常生活や就労に支障を及ぼす傷病であれば障害年金の対象傷病となります。

部位
傷病名


白内障 緑内障 ぶどう膜炎 眼球萎縮 ゆ着性角膜白斑
網膜色素変性症 網膜脈絡膜萎縮 など

聴覚
メニエール病 感音性難聴 突発性難聴 薬物中毒による内耳障害
頭部外傷または音響外傷による内耳障害 など


腔機能 外傷性鼻疾患 など

そしゃく
嚥下機能

言語機能 咽頭摘出術後遺症 上下顎欠損 など

肢体(上肢・下肢)
上肢または下肢の離断または切断障害 外傷性運動障害 脳卒中
脳軟化症 重症筋無力症 関節リウマチ 脊髄損傷
進行性筋ジストロフィー くも膜下出血 腰椎分離すべり症
ポリオ後症候群 など

精神
うつ病 双極性障害 統合失調症 てんかん 知的障害
アルコール精神病 気分障害 頭蓋内感染に伴う精神病 など

呼吸器疾患
肺結核 じん肺 気管支ぜんそく 慢性気管支炎 膿胸 肺線維症 など

心疾患
慢性心包炎 狭心症 心筋梗塞 高血圧性心疾患 冠状動脈硬化症 など

高血圧
悪性高血圧 高血圧性心疾患 高血圧性腎疾患 など

腎疾患
慢性腎炎 ネフローゼ症候群 慢性糸球体炎 慢性腎不全 など

肝疾患
肝硬変 多発性肝膿瘍 肝がん など

糖尿病
糖尿病 糖尿病性と明示されたすべての合併症

その他
悪性新生物(がん) 直腸腫瘍 膀胱腫瘍 HIV感染症 など