中学受験の入塾するタイミング 中学受験は無駄ではない

中学受験の入塾するタイミング 中学受験は無駄ではない

中学受験記について、塾を入る前に入塾している生徒と学力の差を開かない様に予習シリーズというものをやるといいと塾選びのノウハウが書かれた本に書いてありました。

中学受験するにあたって、入塾するのは新4年生(言わゆる3年生の2月)からが最近では一般的と聞きましたが、早稲田やそれよりも上を目指しているお子さんはその子の学力や勉強ペースを自己管理出来るかによって入塾させるタイミングも変わってくるのかなと私は思いました。入塾させるのは新4年生からで大丈夫とおっしゃる方は東大卒のもともと地頭が良い方達が言っていて、そうでないタイプの子は新1年生からですとか、もっと早いタイミングで入塾させる方が超難関校や難関校を目指せる確率はやはり高くなると感じました。ただ、早期入塾の場合、あまり早くから勉強させると勉強事態が嫌になって、受験するころには塾をやめてしまったりするケースもある様ですが、いきなり新4年生になって慌ただしく始めるよりは新1年生からコツコツ塾に通って、勉強するペースを身に着けさせることが大事なんだと思いました。休みの日に塾があると言ってもせいぜい数時間ですので、低学年のうちはそのあとは少し2時間ほど休憩してまた2時間家庭学習するといったペースを繰り返していくと良いのかなと思いました。

中学受験は親が9割という本を読みましたが、まさしくそう感じました。特に母親の学力がそのまま子供に比例するとネットにも記載されており、中学受験を目指すお子さんのお母さんは相当大変だと痛感しております。また、昔と違って年々試験内容も難しくレベルアップしている学校が殆どですので、母親でも子供の志望校の過去問は解けないという事態にまで陥っている様です。

しかし、たとえ中学受験が落ちたとしても、努力は無駄ではないですし、高校受験で挽回できる可能性も十分あります。、小学校では塾に通っていたけど、中学では通塾せず、模擬試験だけ受けて自分の偏差値レベルを確認して、ついに成績優秀で第一志望校に推薦で合格を勝ち取ったという例もあるとお聞きします。また、医者になりたいとして、医者にはなれなかったとしても、医学が好きなことによって、これまで勉強したノウハウが生かされ、理学療法士、作業療法士、研究であったり、等の道を進むことが出来る可能性も高くなるのだと他の先生が話してくださいました。中学受験で得た勉強はその後大人になっても生活に役立つ内容ばかりになっていると思うので、諦めずに根気よく粘り強くお母さんやお子さんにも頑張ってもらいたいです。