男女産み分け ブログ

男女産み分け ブログ

男女産み分けブログです。

我が家は女系家族。姉の子供が女の子3人。妹の子供が女の子3人。母の妹の子(私のいとこ)は女の子2人。一般的に女の子を求める母親が多いようですが、私は父親でもあるからか、男の子が欲しかったです。理想は1男一女。 欲を言えば一姫二太郎(上が女の子)が男の子のお世話をしてくれるということでよかったのですが、 それよりも一人は男の子が欲しいという優先度をあげました。結果一人目を男の子として出産しました(妻が)。 しかし情報は私が集めました。私は性格的には女々しいので以外と情報集めは私の役割でした。そして、2人目は女の子を産み分けました。願っていた通りの一男一女です。

 

以下男女産み分け法を紹介します。逆にして間違えないように!あと、産み分けは自己責任になります。

「産み分け」という言葉をきいたことはありますか?

男女の性別を高い確率で産み分ける方法があるのです。

いったいどうしてそんなことができるのでしょうか?

 

男女産み分けブログ 性別はどうやって決まる?

パパの持つ遺伝子は「XY」です。

ママが持っている遺伝子は「XX」

 

これらの遺伝子は、染色体に含まれていて、子どもに遺伝していきます。

卵子は、X染色体・Y染色体にも対応できますが、精子は「X精子」と「Y精子」に分かれており、どちらかが受精することで性別が決まります。

つまり、着床して受精卵になった瞬間で、性別は決定するのです。

卵子+Y染色体 = 男の子

卵子+X染色体 = 女の子

 

卵子がX精子、Y精子のどちらかと結びつくかにより、性別が決定されるのです。

「産み分け」の仕組みは?

「産み分け」はX精子・Y精子それぞれの特徴を利用し、卵子にたどり着く精子の種類をコントロールするものです。

X精子とY精子にはそれぞれ特徴があります。

 

男の子になる「Y精子」

  • アルカリ性に強く、酸性に弱い
  • 「X精子」の約2倍の数がある
  • 寿命が約1日と短い
  • 軽い
  • 動きが早い

Y精子は、酸性に弱くて、アルカリ性に強いという特徴があるので、男の子を産み分けしたいときは、この部分に注目します。

 

女の子になる「X精子」

  • 酸性に強く、アルカリ性に弱い
  • 「Y精子」より、数が少ない
  • 寿命が2~3日と長い
  • 重い
  • 動きが遅い

酸性・アルカリ性とはph値のことです。

女性の膣内は、酸性・アルカリ性に傾く部分があったり、排卵によっても変化がおきます。

女の子の産み分けは、膣内のph値を管理することで、X精子を活かすことでできるのです。

産み分けが成功する確率は70~80%

一般の病院などのが公開しているデータによると、産み分け法は70~80%の確率で成功するといわれています。

クリニックなどで専門家のサポートを受けることで、確率はさらにアップする可能性はありますが、100%とはいかないのが現状のようですね。

男の子に産み分ける方法

■男の子を生む4つのポイント

①仲良しは排卵日直前のタイミングに

②挿入は深く、濃厚なセックスがよい

③禁欲して精子の量を増やす

④膣内をアルカリ性に保つゼリーを使う

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

仲良しは排卵日直前のタイミングに

Y精子は、酸性に弱く寿命が短いという特徴があります。

排卵日当日は、子宮の入り口にある「頸管(けいかん)」から出る、頸管粘液がアルカリ性になるため、膣内の酸性度が中和されるのです。

そのため、排卵日当日のセックスは、男の子に育つ「Y精子」が有利になります。

 

また、Y精子は寿命が短いため、子宮に到達しても卵子が排卵されていなければ、待っている間に死んでしまうのです。

確実に排卵されているときに、Y精子を送りだすことが、成功の秘訣ともいえるでしょう。

挿入は深く、濃厚な仲良しがよい

膣内は酸性なので、ここをスピーディに駆け抜けられたら、アルカリ性である子宮に到達できます。

「Y精子」は「X精子」よりも泳ぐのが速いので、子宮までの距離が短いほど有利です。

Y精子を苦手な酸性ゾーンに長くとどめないため、挿入は深くし、なるべく子宮に近い場所で射精しましょう。

また、女性がオーガズムを感じると、アルカリ性の子宮頚管粘液が分泌されるので、Y精子は生きやすくなるのです。

禁欲して精子の量を増やす

精子は、精巣に蓄えられます。

Y精子の寿命は短いので、長く精巣にいると寿命を迎えてしまうこともあるのです。

精巣が満タンになっていると、失った精子の分だけ、Y精子を補充するため、必然的にY精子の割合は高まります。

しかし、ずっと禁欲し続けると、受精能力が下がってしまうので、5日間ほど禁欲するとよいでしょう。

膣内をアルカリ性に保つゼリーを使う

男の子に育つ「Y精子」は、酸性に弱いという特徴があります。

オーガズムを感じるとアルカリ性によるとはいっても、なかなかオーガズムを感じられない方もいらっしゃいますよね。

さらに膣内は人それぞれ、酸性度やアルカリ度は異なり、強めの酸性の人もいます。

セックスの直前に、膣内をアルカリ性に保つゼリーを注入することで、男の子になるY精子を助ける方法があります。

 

潤滑ゼリーである「Baby Support」によって、 膣内にいれることで、最適なPH値を保つことを助けてくれます。

膣内の酸性度を抑え、アルカリ性に保つことで男の子の産み分けの成功率が上がります。

中身のゼリーはもちろん、外箱まですべて国産にこだわっているベイビーサポート。

医療機器基準の環境で製造されており、品質保証も徹底されています。

今ならおめでた返金キャンペーン実施中です!
ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)
デリケートな商品だからこそ、安全なものを使いたいという多くのママ・パパから選ばれているようです。

 

女の子に産み分ける方法

■女の子を生む4つのポイント

①排卵日2日前にセックスを行う

②挿入は浅めに、あっさりしたセックスを

③週に1回は射精をしておく

④膣内を酸性にコントロールするゼリーを使う

排卵日2日前に仲良しを行う

女子になる「X精子」は酸性に強く、アルカリ性に弱いという特徴がありましたね。

排卵日は、子宮の入り口にある「頸管(けいかん)」から出る「頸管粘液」がアルカリ性に寄る日です。

そこで、まだ膣内が酸性に保たれている、排卵日の2日前に仲良しを行いましょう。

 

男の子になる「Y精子」のほうが、泳ぐのが早いため、子宮にいち早く到達しますが、寿命が短いため2日後の排卵を待っている間に「Y精子」は死んでしまいます。

女の子になる「X精子」は泳ぐのが遅いですが、「Y精子」よりも寿命が長いため、2日たっても膣内で生き残っている可能性が高いのです。

排卵日を過ぎて3日目まで(合計5日間)は禁欲します。

挿入は浅くして、あっさりした仲良しを心掛ける

女性がオーガズムを感じると、膣内はアルカリ性に近寄ります。

女子になる「X精子」はアルカリ性に弱いので、なるべく女性が気持ちよくならないように調整することが大切です。

挿入時間も短時間におさえ、なるべく浅い位置で射精しましょう。

週に1回は射精をしておく

精子は精巣にたまります。

精巣が満タンになったら、寿命が短いY精子のみが補充され、女の子になるX精子は、ほとんど補充されません。

そこで、精巣を満タンにしないために、週に1回は射精をしておきましょう。

膣内を酸性にコントロールするゼリーを使う

女の子に育つ「X精子」は、アルカリ性に弱いという特徴があります。

しかし、女性がオーガズムを感じると、膣内はアルカリ性に傾いてしまうのです。

また、酸度・アルカリ度も個人差があり、なかには膣内がそれほど酸性でない方もいます。

そこで、膣内を酸性に保つゼリーを、セックスの直前に注入することで、女の子になるX精子を助ける方法があります。

私たちはお酢を使い成功させました。でもゼリーの方が良いのではないでしょうか。

医療機器の製造環境で安心!

ママの安全を第一に考えて作られた潤滑ゼリー

潤滑ゼリーである「Baby Support」は 膣内にいれることで、最適なPH値を保つことを助けてくれます。

膣内の酸性度を保ちやすくすることで、女の子の産み分けの成功率を上げることができるのです。

今ならおめでた返金キャンペーン実施中です!

ベイビーサポート新規バナー(2017/4/27追加)

病院に行くよりも経済的ですし、手軽に始められやすいことから、多くの夫婦に選ばれているようです。

産み分けが成功することを祈ります。