IQテストを受けてみた

IQテストを受けてみた

IQテストを受けてみました。

先日、外部機関でテストを受けたのですが、カゼ引いてる時に受けてなんとなく納得いかず、というか自信をやや失いかけてしまい((;'∀'))、再度、カゼも咳と鼻はあるものの落ち着いてきたので、別問題でもあるインターネットでのIQテストを受けてみました。

「IQテスト」とグーグルで検索するとトップに出るのがこのテストでした。

国際IQテスト

注意点としては受け終わったら5ユーロ請求されること。40問と時間もかけたのと、自分のIQも知りたかったので払いました。。

他も検索して日本中心の無料のも受けたのですが、200点満点で表示され素晴らしと言われても、IQって100平均に対してどうかでしょうと、少しムダな時間を過ごしてしまい、本当は社労士試験に備え日本での順位が知りたかったのですが、信頼性が高そうな、上記の国際テストを受けることとしました。

結果は118。昔受けた時にも近かったのでこんなもんか。

世界の上位11%に入っているとのこと。

わかったのは、体調によって変わるなということが1点。それと時間制限がなかったけど、時間制限なくて良いの?ということ。あと、下記に日本語の説明文があるが、精神障害→知的障害の誤りなのではないかと思われたりもします。こういう文章を間違えるとテスト自体の信頼性を疑いたくなりますよね。

今回、受験中に息子が帰ってきたりでドア開けたりしてたから、時間は自動で計算されているのか、されていないのかもよくわかりませんね。また、こういうのネットで受ける人ってそこそこ自信あるか、またはその逆の人で、平均的な人はあまり受けないのではとも思ってしまう。

あと、こんなネットに載せる人って基本130超えてたりする人が多そうだから、いつかこの記事も削除するかもしれません。まあ118というとなんかイマイチな感じがしても「上位11%以内」ならまあまあ良いはずなんですけどね。でも社労士の合格率は45000人の2500人だから5%程度。ああやっぱり勉強せねば。努力でカバーですね。

下記は国際IQテストについて参考です。

国際IQテストにようこそ。

テストを始める前には、なるべく集中ができる場所にいることを確認して下さい。

40 問を通して、あなたの学ぶ、理解する、コンセプトを作る、情報を処理する、論理と理屈を適用をする能力を評価をします。

テストの最後に出る結果で、あなたのIQと幾つかの統計を使って計算した人口との比較が表示されます。テストを開始!

IQテストの目的

IQテストは色んな理由があって行われます。一人の人の学ぶ、理解する、コンセプトを作る、情報を処理する、論理と理屈を適用する能力のレベルを確認が出来たり、他の人口と比較することを可能にします。テストでは、社会で遭遇する通常ではない問題が人にどんな影響を及ぼすかを表すことができます。独立、拒否や距離などの関係性のあることや、知的な活動の中で遭遇する簡単や難しいと言ったこと等が例としてあげられます。一方で、何故人によって成功はより簡単に掴むことが出来るのか、という問題の答えにもなります。

テストの効果

私達が提案するIQテストは優秀の心理学研究者チームによって成立しました。世界中で何百万人の人達によって使われていて、常に新しいユーザーが受けています。全結果による統計で、ガウス形曲線で表す測定IQスケールシステムに関しての信頼性を確認することを可能とします。

有能の方

平均の人よりIQが高い人(130以上)、「恵まれた人」とも言う人は知的な活動を平均の人より楽にこなすことができる。恵まれた人の一番有名な特徴は次の通りです:

  • 興味と学習欲:常に自分に色んな疑問を問い、自分で知恵を身に付ける能力がある。
  • 完全主義、全ての事を正確、かつ見事にこなす必要がある。
  • 自身を恐れる。溢れる考えと感情の結果である自分。
  • テーマによって、異常な程に興味を持つことがある。
  • 外からも見えることがある超繊細さ。
  • 注意を集中する能力がすごく高い。
  • メタ認知能力:計画、コンセプトと戦略を認識して再利用することができて、それらを問題解消にあてることが出来ます。

知的障害者

IQが非常に低い人(70以下)は精神的障害者として定義され、労働の激しさに限らず、知的な活動に関しては他の人達より苦労することがあります。その他、意思に関係なく、社会での振る舞いなどで難しさを感じることがあります。この障害の発達の理由は主に、妊娠中の栄養不足や出産時の問題、酸欠などです。百日ぜきやはしか等の病気の遅れた治療も、精神障害の原因としてあげられます。

追記:上記精神が?の点。

私達の統計

各IQテスト結果は個人化した統計が付いていて、幾つかのパラメーターでユーザーをランキングします(人口、年齢層、学歴、研究分野)。

私達の統計は世界中の候補者から、数年を掛けて研究したデータからきていて、新しく記録される結果で進化し続けています。