車を高く売る方法 一括査定(前編)

車を高く売る方法 一括査定(前編)

車プリウスを高く売ると決める

私キノソウの愛用した車、プリウス1.8 S三代目を売ることを決断しました。

今回は一括査定の体験をブログに起こしてみたいと思います。

実はプリウス三代目を売るのは今回2回目です。 

2013年4月に1回 シルバー色のプリウスを売却、

そして今回、2019年11月に2回目プリウスのブルーを一括査定で売ります。 

プリウスは非常に人気の車です。私自身もプリウスを買い、売り、そして色違いのプリウスをもう1回買い直したほどです。

実はプリウス以外のトヨタ車を売ったことがありますが、その時は本当に二束三文でした。 

もともと本年プリウス2台目も売ろうとは思っておりました。

人を乗せるために買っていましたが、

売却理由としては、

①実はそんなに運転するのが好きじゃないと言ったこと、人を乗せる機会も減りそうなこと。

②首都圏に住んでますので電車や自転車、バスでも十分対応できること

③ちょうど会社もやめるというタイミングにもなったこと

があったので、まさに「今売る時」かなと思い一括査定を申し込んでみました。

中古車の高く売れる時期

ちなみに車が高く売れる時期は一般的には3月、4月や9月、10月、月末など中古屋さんの決算期が多いようですね。まあもちろん会社によるのと車検残数とかもありますし一概には言えません。

1回目のプリウス売却 高く売れる

さらば 愛しの プリウス

1回目は2013年にプリウス 売りました。

妻も乗らず、私キノソウも本来は運転得意でも車が好きな訳でもなく、固定費もかかるので。バス停も競歩20秒くらいだし。

まあ、買ったばかりで少し売りたくない気持ちもありましたが、妻の強い決意と脅威のセールスマンに今回は負けました。敗退です。

とりあえずの軽い気持ちで一括査定に出したのがそもそもでした。

以前テレビでやってたテレクラを彷彿させる電話の速さ。一括査定をネット申し込み後、2秒後に、電話鳴る。また鳴る。電話の嵐。天気も悪かったので2〜3社に絞り来ていただくことに。153万円で買ったプリウスでしたが、100-105万円の見積もり

そして金曜日夕方、僕は仕事終わったばかりで埼玉岩槻。妻のとこに2~3社とは別の営業マン来てて、後は僕の判断待ちとのこと。

なんか強引さが嫌な予感したので

「今日は決めたくないので、帰ってもらって」とメール。

でも帰宅を待つとのこと。

「??」

再度帰ってもらうようメールを打つ。

家に帰ると営業マンはいなくて「ホッ」としたら、妻にTEL。家の近くにいるので今から来るとのこと。

そして、すぐピンポンが鳴る。

僕「売るにしてももう少し他社もみたり情報とりたいので、今日はすみませんが、明日以降に決めたいので、また連絡します。」

脅威のセールスマン

「気持ちわかります。では125万円出します。」

のやりとりが続く。

「やはり今日は決められません。」

で帰ったと思ったら所長に電話してて、またドアを開けてくる。

そして遂に

土下座

えっ〜!?

「やめてください!」

その後も、理論で追い返すも、手ブラで帰れないだの泣き寝入り作戦に来る。ズルいぞ。

理論で今日は買えないことを伝え帰ってもらおうとするも、

妻に聞くと、

「私は最初から売るつもり」

う〜む。

そして値段も良い。先週出した他社より➕22万もあげて来て、更に車の税金全額負担とのこと。買った価格から使用した分を考えても、損はしてない。そして今後固定費から解放される。タクシーやタイムズのシェアリングを何度か使っても固定費より元がとれる。

そして、➕25万まで上げて、頭も下げられ、妻も売る気持ちが強く、遂に決断してしまった。今回は妻に負けた。

うちの会社でも10年以上前の新入社員の頃は土下座営業マンは聞いたことあったけど、今でもいるんだ。。

僕も当時は営業マンとして色々と衝撃を受け考えさせられる。

はあ、さらば 愛しの プリウス

2回目プリウスを売る!

2019年11月、12月1日売却予定でプリウスを再度手放すことを決める。

妻からも早めにまた一括査定を申し込んでおくべきだと話がある。
ちょっとまだ早いかなとも思ったが、11月17日12時54分頃一括査定サイトに愛車のプリウス登録。その瞬間0.01秒後に電話が鳴る。1社目からの電話。なんだこの速さは、1回目より早くなってないか。完全にコンピューターで、システム化してる早さだ。もちろん対応は自動音声なんかではなく、人間の女性。

一括コムとカーセンサーと両方やろうとしたが、一括コムはカーセンサーにつながるということが分かったので、両方とも最大30社とはあったが、最終的にカーセンサーからの7社で一括査定を申し込むことになった。3社ぐらいは登録して電話かかってきて電話を切ったらまたかかってくるという状態。 7社中6社は実に1時間以内に電話が来た。そしてそのままなポイントも、当日4社、来週1社とれる。

6社の電話に対応しながら、こちらもエクセルとバインダーとペンを用意し準備する。

そこはさすがに2回目ですし、パパッと作る。添付の写真。 それでも電話が連続でかかってくると、どっちが先だったかなど一瞬迷ったりもした。

ご近所さんでは日時を全員合わせて一斉に一括査定してもらうというやり方を取っている方もいた。しかし私の場合は、 こちらの希望日である本日か来週の土曜日の中で、 相手の都合のよい時間帯に来ていただくことにした。

すぐ来る社もあり、取り急ぎぞうきんがけ。


1社目は女性で、当日13時30分に来られた。実に登録して約30分。ピザ屋も真っ青の速さである。 業者さんは名刺を渡しながら他社の状況や希望日程、などどこも詳しく聞いてくる。 

中には電話のアポ段階で、「 他の業者は『今すぐ売ればこれぐらいの値段が付きますよ』と言ってくると思いますが、その場で売らないで下さいね」などと言ってくる業者さんもいた。私も7社は全部一回は聞こうと思っていたのでそれは従うことにした。 一社だけは3時間経っても電話もメールも来ない。日曜だから休みなのだろうか。一応エクセルの表には、電話が来た順番も書いといた。最終決定は価格であるが、心理的に先着が有利であることは間違いない。

私のはトヨタバリューと言うトヨタの正規中古車店でセールの時にコミコミ80万円ほどで1年前の夏に買ったものであるが、タイヤも新しい。あまり乗ってないし、 60万ぐらいで売れたらいいななんて伝える。

「ミラーの留め具のゆるさが左右で違うが、途中で変えましたか」など聞かれる。 車検の時に変えたのかよく覚えてないが、私の前の人が変えた可能性もあると話した。

高く売れるポイントなんかも聞いてみる。中の部品の状態なども大事らしい。 

で、2社目、3社目は当日14:30に来られる。「今決めていただくのが一番出せる」との常套文句。しかし、「約束もしてるし23日まで待って決めたい旨を伝える」石和他の所もまだ出てないのですぐには出せないとのこと、ただしざっくり相場としては「20-30万」とは教えてくれた。

20-30万との言葉にガッカリしながらも「そんな感じですかわかりました」と伝えた。もう1社の営業さんは、競合者が帰った後に、上司と電話して5分後に金額出しますと教えてくれる。で5分後に出てきた金額は35万。うん。なるほどという感じ。で妻にいくらぐらいで売れると思うと聞いてみると、80万で買ったんなら40万円ぐらいじゃないとのこと。 車体価格は70万円台だよとは伝える。

4社目、副店長様、電話から察するに駅から歩いてきた模様。「私も同じプリウス乗ってまして」というところから1社目の価格をやはり聞いてくる。希望は66でしたが30半ばだったというと「そんな下がっちゃいましたか」「私も乗ってるんで残念です」とのこと。

さてさてこちらもオープンに情報だしたけど、いくらでることか。やはり四捨五入で40台と伝えれば良かったか。

で、査定も終わり、一度チャイムが鳴り、「プリウスは今10中8.9海外で売られることや、希望価格などを再度聞いてくる。「55万」と伝えると、「55万なら即決してくれるのか」とのこと。でまたしても外で「上司に電話します」とのことで、家の中で待つこと20分位かな。

やはり55万はムリで30位とのこと。「30いくらですか?」と聞いても「今は会社にも相談しないと出せない」とのこと。(副店長~)。で、「ではまた電話ください」と伝え帰っていただく。

また、20分位してごはん食べてたらチャイムがなり、先ほどの副支店長が。「上から値段明示しろとのことで30万です」とのこと。「また決まったら教えてください」というので、「あ、今教えてます。ちょっと厳しいです」というと。「いえ、(個人的に興味あるので)最終的に40万いったとか教えてください」とのこと。なんじゃそれ。私「では、10日後位に電話してください」と言い、お帰りになられる。

1社だけ電話すらない会社には、家族に言われこちらから電話してみる。サイト調べると独自でもサイトで無料査定している全国規模の会社みたい。

電話すると近くの営業所から折り返し電話があり、翌週の23日13:00でもう1社と同じ時間を希望される。

そして、昼に6番手で電話はあったものの、時間調整して電話するといってたところも、連絡なかったので、電話してみる。夜18:00なのにこれから行っていいですか?とのこと。

「いいですけど、夜遅く暗いので、後から、このキズが見えていなかったと言って減額とかされたら困りますよ(笑)」「それはないので大丈夫です」とのことで、1時間後に来られることに。

19:15頃に来られる。一通り見て、キズなど指摘され、「どこの業者も売り先は同じ。あとは業者の利益をどこまで削るかです」と言われ、また他社の状況聞いてきたので今度は「30台で四捨五入したら40です」と伝えると、また「もし、今決めていただければ40万円がんばれそうです。」という言葉をいただく。しかし、23日に2社の約束があり、今回は急いでないし全業者聞くと決めていたので2回位丁寧にお断り申し上げる。

「ちょっと帰る前に電話して来ます」とのことで、また来るかと思えば、電話したまま帰っていったようだ。

まあ、ともあれ23日に続くのである。即決してたら42万あったかも。さあ結論はどちらに転ぶか。