40代転職体験ブログ

40代転職体験ブログ

40代からの転職についてである。私自身41歳、まもなく42歳を迎えようとしています。

特に大きな才能もなく、コミュニケーション力は弱く、パワハラに遭いまくり、持ち前の忍耐力も忍耐のしすぎでキャパオーバーしてしまい、転職活動を決断しました。

とはいっても40代だ。そう簡単に決まるわけはないであろう。しかし動かないことには始まらない。ブログを始めたきっかけであるマナブさんのサイトで紹介してあったワークポートにまず登録。

とりあえず会社で面談しましょうというメールが来る。最初は何となく仕事も忙しくて返信しないままでいた。 でももう1回アクション起こし、面談してもらうこととする。

一応 JAC リクルートメント、リクナビ NEXT、 マイナビなどのサイトにも登録はしている。

まずワークポートに行ってみました。7時半の約束でしたがちょっと仕事が早まったので7時から面談にしてもらう。融通がきいてよかった。

面談して自分の要望を紙に書き,早速その場で,求人票を探してきてくれる。

①希望のみ

②30社位

③多い方がいい

の選択肢があり、30社位でも多いと思いつつチェックを入れていたが、 一般的な確率として30社に応募して、書類通過5社ぐらいで、面接まで行くのが1社くらいなので「多い方がいいですよ」と言われ、 多く紹介してもらうことにした。

四十歳なのにそんなに関係があるのだろうか。

ありました。

四十社位紹介していただきました。自分はマーケティングをやっていたので、「マーケティング系」と、ぶっちゃけ経験はほとんどありませんが 「Web マーケティング系」、 それと結果的には紹介求人ありませんでしたが「メンタルヘルスケア」の3つをキーワードに求人票を出してもらいました。やはり年収が今以上を希望するとメンタルヘルス系は排除されてしまいます。ということで一番望んでいる Web マーケティング系を中心に考えていきました。

今はインターネット転職活動がさらに進み、転職アドバイザーとも SNS のようなチャット形式でのやり取りになってます。案外便利です。

私はワークポートの部屋番号のプレートを間違えて持ち帰ってしまうという失態を犯しましたが、送りましょうかというチャットに対して、取りに行きますということで職場の近くの駅まで取りに来てくださいました。

そんなこんなで、応募の方も四十社中7社ほど応募してみました。そして面接の話が来たのが三日間の中では1社。面接受けてきます。

とりあえず、ワークポートおススメです。